お嬢とぼん・ぼん・ボン にゃんセーターって必要なの?

にゃんセーターって必要なの?

にゃんセーターって必要なんでしょうか?
おしゃれで着せる必要はないと思いますよ。
健康で元気な仔には不要でしょう?

でも、必要な仔っているんですよ。
生まれつき弱い仔。
年と共に腎臓が悪くなってきた仔。

人間も猫も体調が悪くなると体が冷えますもんね。
タンタンはすごい体調不良が続いた時期があったのですが、、、
真夏でも冷えて冷えてどうしようもありませんでした。
体を温めないと目が回るようで体を立てにしていることさえできませんでした。
その頃よく着物を着ました。
お腹周りを何重にも布で覆われて腹巻をいっぱいしているような感じです。
着物を着ると元気でいられました。
体を温めることは生き物の取って大事なことだと思います。

人間も猫も腎臓の悪い方はとんでもないくらい体が冷えるようです。

もう20年もたつでしょうか整体院の方に若い男性の予約が入りました。
この方は、、、
正直  ちょっと困ったな、、、と思うほどに強引に治療の予約を入れてくる方でした。
20年前というと男性のお客様にも対応していた頃でした。
というより 男性のお客様の方が多かったのです。
女性にとって『整体院』というのはどうしようもないときだけ行く場所のようでした。

この男性は腎不全という病名を抱えていた方でした。
自力で血液をきれいにすることができず、腎臓透析をしていたのですが、、、
よく異常な冷えで苦しんでいたようです。
冷えて冷えて耐えられなくなると治療をしてもらって血液の流れを良くして楽になるの繰り返しだったようです。
いつも急で今すぐやってほしい、気が付けば玄関に立っているといった状態でした。

この頃 私は自律神経のバランスを崩し、こうしたお客様の対応には苦戦しておりました。
最終的にはこのお客様に対応することができず お断りすることとなりました。

人生って皮肉だな~と感じたのは
この方はずっと前の健康診断で毎回腎臓の異常を警告されていたようですが 軽く見て医師と向き合うことはしていなかったようです。 愛しい方と婚約をされて結婚前の健康診断ですでに腎臓透析なしでは生きることができないほどの腎不全だあることが判明して その後、愛する方との婚約も解消するに至ったということです。
まだお若い方でした。
これから幸せになろうというときに、、、
どうやら、、、自分から身を引いたようでした。

腎臓は猫にとっても大きな意味のある病気です。
多くの猫が晩年は腎不全で死んでいきます。
体が冷えて冷えて
体が冷えたままをほおっておくと内臓の動きも鈍ります。
そんな時は温めてやってほしいと思いますね。

にゃんせーたーじゃなくったってTシャツだっていいと思いますよ。
でもね、年と共にもっと冷えるんですよね。

そんな時、、、にゃんセーターを着せてやると嫌がりません。
暖かいんです。

マフラーを編める方は編んでみませんか?
にゃんセーターを、、、

実用的なにゃんセーターなら簡単にできますよ。
軽い上質なウールの毛糸で


また、栄養不良の保護猫さんにも元気になるまでの間やさしい愛情で覆ってあげてください。

にゃんセーターは元気な若い猫さんには必要ありません。
おしゃれで着せるのはかわいそうです。
猫はきれい好きですから
一生懸命グルーミングして自分にとって不要なにゃんセーターは
舐め壊してしまいます。

病気や老猫さんのために編んであげてくださいね。

ご自分で編んでみようと思う方は↓から

http://ameblo.jp/ikura-21/theme-10027029344.html
スポンサーサイト
Secret

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

わたしの♪お仕事

bot111.gif

アナログ時計(黒)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

プロフィール

みそちゃん@

Author:みそちゃん@
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR