お嬢とぼん・ぼん・ボン わけのわからないつぶやき 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わけのわからないつぶやき 

ぽつぽつと聞こえてくるペルシャファミリーの訃報。
2008年の秋智花と愛ボンを里子にする時に想定2~3歳位とのことでした。
あの環境の中で長生きはできないので そんな年齢設定だったのだと思います。

1~2年ほど前に獣医さんに智花の歯石がひどい。
この子は8歳くらいだと思います。
育った環境を考慮しても5歳くらいですね。
これを聞いた時にはぶっ飛んだ~。

そしてこの度、こにゃん君が亡くなり、推定年齢15歳だと、、、
そんなに頑張って生きた仔がいるんだね。
では、智花の推定年齢もなっとこがいくというものです。

PTA家のアコさんは高い処にジャンプできなくなったそうだ。
家の中をお年寄りさん仕様に変化させている。

そう、、、 いつかサヨナラするのね。
何だか現実味がないけど、、、
昨年Gごろうさん家の花メルベーユちゃんが亡くなって
今年は兵庫のすぅちゃんが亡くなって
プラティけのこにゃん君が亡くなった。

我が家もそんな現実が近づいてきているんだな~。
少しでも 長生きしてほしい。
おじいにゃん、おばあにゃんになって
長い事頑張ってくれてありがとうね~♪って
お礼を言って別れたいなぁ。

今年は智花の歯のスケーリングをしようか?と思う。
血液検査は必要がある時だけでいい という先生だけど、、、
事情を話してやってもらおう。

今まで3匹を見送ってきたけど、、、
最初の猫でんすけ君の時は 糖尿病で
病院の先生が見逃してしまった。
タンタンも無知でしたから
亡くした時のショックは大きかったですね。
自分の責任だと思ったから、、、
それでも15歳と半年くらい生きた。
その後、海が我が家にやってきて
海はでんすけと同じ性格だった。
他を受け入れないからストレスをためやすい。

いくらを21歳4カ月くらいで見送って
さみしくて悲しかったけど
これ以上彼女に何を望むのか?と自分に問いかけてみれば
ありがとう。おつかれさまでした。の言葉しか思い浮かばない。
大往生ではないか?

そして昨年はミソカ君を17歳で見送って
長生きできないだろうな~と覚悟していた仔だったけど
よく頑張ってくれた。
最後の一年に脊髄症を何度も再発させて
一年の半分位は自由にならなかったけど
回復してみれば、こちらがハラハラするほど走り回っていた。
でも12か月の内の4ヶ月以上は痛みと戦っている彼に
もっと頑張って とは言えなかったな~。

動物は精一杯生きて静かに消えていく
光が消えていくように
まるで身体を動かす原動力となるエネルギーが
身体から離れていくように、、、

ある時から これを受け入れる自分がいた。
タンタン家というこの場所にやってきた猫たちが
甘えたり、遊んだり、一人になりたかったり、外の音に耳を澄ましたり
そんな自然の生き方に 特に疑問も感じず 日々を生きる。
長生きしたいとか、自分が年を取ったとか
気にするのは人間の方なのかな?って

生きる時の長さはそれぞれ違うだろうけど
平安に穏やかな日々を過ごしてくれたら
それでよしってことにしよう♪

ペルシャっ子のことで
腹をくくらなくてはならない自分に
これから別れを受け入れなくてはならない自分に
個々の猫たちに思いを集中することなく
彼らと静かな平安な時を過ごしていきたいと
そんな風に思った。






スポンサーサイト

No title

こんばんは。

いつもコメントありがとうです。
ペルシャっ子・・・そんなに亡くなっているのですね。
やはり、環境や生まれにもよるのでしょうが・・・。

そうか・・・タンタンさんも気がつけなかった事が・・・。
私も今回、勉強不足を痛感しました。

里親仲間がいるって、やっぱり励まされますね~♪
あちらこちらに、親戚がいるみたいで楽しいです。
お顔が似てたりしますもんね~。(*^_^*)

プラティさん

動物の事は難しいですね、、、
特に体調の悪い時はなおさらですよぉ。

いくらの時も一回復活してご飯を食べていたのでOKだと思っていました。 その夏はひどいめまいでタンタン自身が苦しんでいました。
いくらのご飯場所から聞こえる音と姿だけを寝ながら確認してご飯は食べているものとばかり、、、

タンタンも思うようにならない事ばかりですが、今は里親さんたちに励まされたり、教えてもらったりしながら助けられていますよ。

人慣れしないペルシャっ子の里親になったけど、、、
おまけについてきたのは里親さんとの暖かい交流でした。
プラティさんにも会えたしね。
あっちこっちに似た子がいるからうれしいですね♪

No title

知りませんでした。。。
ペルシャっこに、そんな高齢の子もいたのですか。
あんなひどい中でがんばって生きてたんだね・・・
それにしても、いったいいつから増え続けていたんだろう・・
過酷な環境だったし、血がどんどん濃くなってきていたから、
体質的に弱い子も多いってことかもしれませんね・・・

うちの金四郎は、獣医さんに診てもらった時、
あくまでも歯の状態からの推測とういことでしたが、
智花ちゃんと愛ボンと同じく2008年9月の段階で
2歳〜3歳との診断でした。
だから今年、6歳〜7歳。元気です。
ただ、金四郎の大好きなカリがあの体調なので、
その時がきたとき、金四郎もかなりがっくりくるのではと心配です。
カリが入院してた時、全然元気なかったですから。

金四郎はかなり馴れてきました。
先日は、遊びに来た妹にまで、近寄って啼いてましたから。(笑)
みんな元気でいてほしい。
動物は、当たり前に今を生きることしか考えてないから、
それを気持ちよくサポートしてあげたい。

ぱんとらさん

カリちゃんが大変な時にご訪問いただいてありがとうございます。
実はタンタンもカリちゃんの様子をうかがいに訪問させていただいていましたが、、、
読み逃げですいません。(^^;)

カリちゃんは抗がん剤治療の副作用も少ないようで何よりですね。
かあさん手造りのご飯は何にも勝るんだろうな~(^^)
ぱんとらさんも時々息抜きしてくださいね。 
お互い微妙~なお年頃ですから、、、

多分愛ボンは5歳ほどだと思います。
智花は8歳以上だろうと、、、

金ちゃんは人慣れ進行中ですか~?うらやましい限りですわ♪
近寄って鳴くなんて!!!
家の仔達がそれをやったらお祝いですよぉ♪
Secret

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

わたしの♪お仕事

bot111.gif

アナログ時計(黒)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

プロフィール

みそちゃん@

Author:みそちゃん@
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。