お嬢とぼん・ぼん・ボン 智花

続 ちいちゃん、さようなら

15:00から大きな痙攣が始まったちいちゃん、急きょお仕事を休ませてもらって見送ることにしました。
もう動けません。体が痛くないようにふかふかのダウンの大きなクッションの上にバスタオルを敷いて
ちいちゃんをそちらに移動させました。
普通は大きな痙攣が2度も起きれば逝ってしまいます。
小さな痙攣を2~3ど挟んで大きな痙攣が4~5回起きたところで呼吸が止まりました。
目を確認してみると、、、瞳孔は開いていません。ちいちゃん!と呼ぶと
なんとなく、、、、気持ちが通っているように思いました。
撫でながら ちいちゃん、いい子だね~いい子だね~と声をかけていました。
呼吸が止まってもまだ心臓は動いているのでしょう。
呼吸が止まった状態でいろんなものが出てきてしまうので気を付けてくださいと言われていたので見ていると
お鼻が詰まっていたのですが、鼻水がつ~~~~っと流れ出しました。
他は特になかったのです。
しばらくすると大きなげっぷを体中でするようになりました。
時間を空けては何度も繰り返します。
凄く強い力です。 おそらく当日朝の10:00まで食事をしていたちいちゃんですから体内のガスを出していたのでしょうね。
本猫には意識がないことだと思います。 
お母ちゃんは動揺してしまったので先生と電話でお話ししながら
心臓の強い子は完全になくなるまでこうした現象が起きることがあるとのこと。
先生もお客様のわんこちゃんを見送ったとき凄く時間がかかったことを話してくれました。
いったん電話を切って
自分を落ち着かせるためにほかの部屋に行きました。
戻ってくると又大きなげっぷが始まりました。
見守っていると、、、
どうしたことでしょう?
ちいちゃんが呼吸を再開しました。
力強い呼吸です。
喉が大きく動きお腹もそれに連動して上下しています!
??????
慌てて先生に電話して「ちいちゃん、生き返りました!どうしたらいいですか?」
このまま見守りましょう。今は何もできないので、、、ということで先生と話していると、、、
ちいちゃんのお口からピンクのかわいい舌がペロッと見えました。あっ!と思って瞳を確認すると今度は完全に瞳孔が開ききっていました。
ちいちゃんは完全に逝ってしまったのです。
こんな見送り方は初めてでした。
お父ちゃんは仕事で外出です。
頭が混乱してパニックっておりました。

暫く見守りましたがちいちゃんに変化はありませんでした。
アイメモリアルの渋谷さんに電話して明日の9:00にお迎えに来てもらうことになりました。
敷いていたタオルを変えて毛布をちいちゃんにかけて
少し休みました。 なんだか?体が倒れてしまいそうだったのです。
お母ちゃんも若くないので、、、

翌朝、お迎えが来る前に準備をしようとちいちゃんのところに行くと
死後硬直していないのです。
どこを触っても柔らかい?
え~~~~~!
全く人騒がせなお母ちゃんは先生に電話しました。
先生もちょっと驚いて聴診器をもってきてくれました。
何度も聴診器で心音をきんて下さり。
間違いなく亡くなっていますよ。
ちいちゃん、この前会った時と全然変わらず綺麗でかわいい~
最後にちいちゃんに会えてよかった~と頭を撫でてくれたのです。

アイメモリアルの渋谷さんが到着してそのことを話すと
お母さん、亡くなった前後ですっと撫でたり触ったりしていたんじゃないの?
そうすると固くならないことが多いよとのこと。
自分たちも焼くまえに首を動かしてやると体の硬直が緩むので
そうしてから焼くんですよ と話してくれました。
そうだったのか?

ちいちゃんは我が家ではイレギュラーなケースだったため。
お母ちゃん、最後までパニクリどうしでした。

こうしてちいちゃんの小さな体は小さな骨壺に納められて戻ってきました。
体が無くなってみると寂しくて涙がポロポロと流れては落ちるのです。
でも、口にはクッキーをほおばって
自分でも何が何だか分からなくなってしまった感じでした。
ちいちゃんは素晴らしい仔でした!!!

昨年メイプル君とマリちゃんが亡くなり、今年の1月18日スミレちゃんが亡くなりちいちゃんもこの夏は越えられないかもしれないと
夫婦で話していたところ、、、思いがけなくこんなに早くお別れがやってくるなんて。
でも、うっとおしい梅雨と夏を経験しなくてよかったです。
実はちいちゃんの訃報をお知らせしていたところ
ドンママさんから今年2月末にドンちゃんも逝ってしまったのお知らせがありました。
マリちゃんを追うように逝ってしまったドンちゃん、詳細はまだわかりませんが
ドンママさんお辛いですね?
ご自愛ください。
スポンサーサイト

さようなら、ちいちゃん

ここ一年ほどちいちゃんは認知症になっていたようだ。
「わたしご飯まだなんですけど、、、」みたいな
昨年後半あたりから炬燵で食事をしているお父ちゃんにおねだり攻撃目線を投げかける。
触っても逃げません。 ゴロゴロ喉を鳴らします。
うっかりお父ちゃんの膝に入ってしまったり、、、
ちいちゃん、ペルシャっ子魂が抜けちゃったようです。
ドライフードの食いつきが悪くなりました。
高齢用のドライに変えてもすぐに飽きてしまいます。
生肉、パウチで食をつなぎ、人間の食卓にきては「私食べてないのでおなかすいているんです!」って顔をしておねだりします。
生肉大好き!ほかの仔の口にある生肉まで食べに行きます。
認知入っているので怖いもの知らずです。
お世話係の愛ボンにお顔から体まできれいに舐めてもらっておねんねします。
今年に入って認知症は進んだようで、お母ちゃんのストーカーになっていました。
同時に行動にも変化が見られました。
一人で台所の隅で寝ていたり、思わず「生きているのかしら?」と思うような寝方で生存確認したりしましたが、、、
元気のようでした。
徐々に超老猫用のパウチが必要になりここ2か月は18歳、20歳用のパウチを食べるようになりました。
ドライは少しだけ、、、
下痢防止に整腸剤が入ったワンラックミルク老猫用でおなかの調子が整ってきました。
用心深い仔でお薬苦手でしたが、ミルク大好きっ子なのでこの方法で安定しました。
先々週でしたでしょうか? 気温差が激しい時期がありました。
暑い日でお父ちゃんがうっかり網戸のまま寝てしまった翌日朝起きると寒いんです。
ちいちゃんはばあちゃんなのであまり感じなかったのか? 窓際にいました。
あの食いしん坊がご飯が食べられません。
ちょっとぐったりした感じです。
忙しい日だったので、とりあえずは猫用ヒーターパネルをちいちゃんベットスペースに立てかけて
ふわふわ柔らかい大きなクッションを置いた上にちいちゃんを連れて行くとトロトロと寝ています。
午前の用事を済ませた状態で様子が変わらなければ病院へと思っていたところ
体が温まったせいかご飯の催促に来ました。
鶏の生肉をたっぷり食べました。
その後も元気で過ごしていたのですが、、、
気温の上昇に人間もアップアップしていたところ
急に気圧が下がり始めました。
火曜日ちいちゃんご飯が食べられません。
気圧の急激な下降は闘病中の仔や年寄りは一気に持っていかれてしまうと以前通っていた
動物病院の先生に聞いていたので、すぐに先生にメールをして病院に行くことにしました。
脱水症状が見られたので(季節の変わり目がちいちゃん弱いです)補液をしてもらい、お家でもすることになりました。
体重1.5キロでした。 復活は難しいと感じました。
ゆっくりと見送りたいと思いました。
腎機能は年齢に応じて悪くなっていたと思いいますが、黄色のはっきりしたおしっこをしていました。
お父ちゃんも私も老猫のちいちゃんを自然に送りたいと決めていたので
事前の先生との話し合いで 治療ではなく痛い辛いだけ取っていただくようにお願いしていたので
この期に及んで血液検査をすることはしませんでした。
帰宅後、お腹がすいたようで、ミルクを作ってやるとゴクゴクとおいしそうに飲みました。
眠ったり好きな部屋へ移動したり、パウチは食べませんでしたが生肉をおねだりに来たの、でみんなで鳥のミンチを食べました。
夜遅くお腹がすいたようでチュールを一本完食しました。
翌日、気圧が大きく下がるのが12時ごろです。
急用ができて3時間ほど11時から外出して帰宅後姿が見えないちいちゃんを探すと寝室の暖かいところに移動しており、
私の姿を見つけたので出てきました。 おなかがすいたのです。
ミルクとチュールを食べましたが鶏肉は少しだけ。
その夜になって歩きが弱弱しくなりました。
炬燵の布団のところまできて疲れてしまって寝ていたちいちゃんを見てお父ちゃんは逝っちゃったと思ったようで
ちいちゃんを撫でながらさようならの挨拶をしていました。
しばらくして又移動していました。
12時以降の気圧の降下は確実にちいちゃんにダメージを与えていました。
朝とは別猫になっていました。
明日が山だと感じました。
翌朝5時ちいちゃんのところに行くと
少し高いところに猫用ヒーターを横に置きその並びにタオルを畳んで置いておいたのでそちらに移動していました。
ミルクを出すとようやく立ち上がるもすぐにへたってしまいミルクは飲めませんでした。
昨日は立てなくてもお顔をミルク皿に埋めるようにしてゴクゴク飲んで休んではゴクゴク全部飲んでいたのです。
チュールを与えると力強く一本完食しました。
10時にもう一度与えるとやはり力強く一本完食しました。
これが最後の食事になりました。
夜の出勤の準備をしているとちいちゃんの体が痙攣を始めてしまいました。
大きな痙攣が2度ほど来ると大体の仔は逝ってしまいます。
今看取るしかないと思い会社にお願いして急きょ休ませてもらいました。
この後お母ちゃんは今まで経験したことのないようなすごい経験をしたのです。
長くなったので又明日続きを書きます。
覚書として書いておこうと思います。













ストレスで体調不良だった智花ちゃん

たよりさんが我が家にやって来たとき一番に心配されていたのがひなちゃんとの関係でした。

別名ジャイ子なひなこさんがたよりさんに暴力をふるうのではないか?

そんなふうにご心配いただいたのですが、

暴力女だったのはちび女のたよりさんの方でした。

ビックリ!だったのは正面から顔を殴りに行きます。

無防備で攻撃も仕掛けてこない友好的な相手のこをなぐりにいくのです。

先住たちはさることながら、飼い主もビックリ!

アイボンは叩かれるたびに大声で鳴いていましたが、大所帯での生活で慣れているのか?

又ジャイ子との出会いの中で時々腹いせに殴られていたので慣れているのか、暫く経つと慣れていったようでした。それでもひなこの時は叩かれて鳴くようなことは無かったんですけどね。

まるで、√『お前、邪魔だどけ!』っといった感じでした。

ひなこはひなこで一発かましてやろうと意気込んでいたのが先にかまされてしまったもんだから、一寸ショック。暫く様子見をしていたようですが、ひなこもたよりも同じ年頃なので無邪気に追っかけっこをしたりバトルったりするようになりました。

仲良しというわけではないですけどね。

そんな中で徐々に調子を崩していったのが智花ちゃんでした。 下痢をするようになり、脱水からか食べたくても食べられなくなってしまいました。

智花ちゃんがこっそり台所におねだりに来ると直ぐにたよりさんも来るので智花ちゃんは回れ右して帰ります。ご飯が食べられないとお薬が飲めません。

ウィンナーの小さな切れ端に挟んで投薬するのです。

飼い主は焦ってとっても優しい女医さんの所に連れていきました。補液をしてもらいお薬のアドバイスや療法食のサンプルを沢山頂いて帰りました。

たよりさんも体重が2.5キロになっており避妊手術ができるようになりました。

智花ちゃんは3.4キロでした。

帰宅してもあまり食欲が出ず、何かを口にすれば水下痢です。

心配しながら翌朝を迎えました。

朝から嘔吐です。

すごく大きな毛玉を吐き出しました。

1回2回と吐いて まだ食欲がでません。

首をつまんでみると やっぱりまだ脱水症状が出ています。  お家で補液をしました。

その直後 お腹が空いた何か頂戴とやって来たのです。頂いた療養食を少し食べたりササミを少し食べました。

二日後にもう一度補液をしょて、元気になってじたので、お薬を砕いて『お薬ちょうだい』に混ぜ込んで智花ちゃんの口元にベタベタに貼り付けたらキレイに舐めてくれました。

飼い主思いっきり嫌われております。

まる一日穴倉お籠もり生活をしましたが、腹が空いては戦は出来ないらしく、でてきてはセンシブルのご飯をしっかり食べるようになりました。

ウンチも固まってきてご飯もしっかり食べるようになりもう安心です。

たよりさんもすっかり我が家に慣れて、もうみんなを殴りに行く回数が激減しました。

自撮り写真は撮れないけれど

とっても嬉しい♪

写真は撮れなかったですが
最近鶏肉を買ってきたのがわかるのか、、、
冷蔵庫近くでスタンバイをしている智花さん
タンタンが皿洗いをしているとクレクレととてもうるさいです。
こっそり一匹できてはストーカーのように無言で見つめたり
離れません。 人間嫌いなのにね~。
ほい♪と捕獲して抱っこして一緒に冷蔵庫を開けると
なんだか ルンルンしている様子。
生肉を口元にもっていってやると
パクパク♪  もっと♪
いや~~~。 
抱っこされながら手から食べるなんて(^^)
すっごい!
うれしい♪

食いしん坊

智花さんは生肉大好き♪
ドライフードはいまいちです。
飼い主が生肉を出す気がないとわかるとドライに向き合います。
昨日は冷蔵庫の中のお肉は豚肉だけでした。
何度も台所に来て生肉要求をします。
以前は黙ってくれるまで近くにいた智花さんですが、保護から7年も経過するとすっかり家族ですよ。
お肉が出るまでないて要求します。
しょうがないね~。
豚肉をしゃぶしゃぶ状態にしてお出ししましたよ。


ここのところ下痢気味だった智花さんですがラックビー微粒Nとマコモ紛でいい感じになってきました。
智花さん、お薬を飲ませることができません! 抱っこができても爪切りもむつかしいくらい頑固娘。
絶対に口を開けません。 味がなく微粒のお薬は大変たすかります。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

わたしの♪お仕事

bot111.gif

アナログ時計(黒)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

プロフィール

みそちゃん@

Author:みそちゃん@
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR