お嬢とぼん・ぼん・ボン

一年の重み

また一匹のペルシャっ子がママとサヨナラをした。

2009年だったか?  私達里親は江東ペルシャ140匹多頭飼いの崩壊にであった。

今年は2017年。

毎年あの日救い出された愛しい仔達の訃報を聞くようになった。 

こうしてレスキューした仔達を不憫に思ってはいけないとの意見もあるが、、、

我が仔にしてみればなおさら不憫で極悪の環境で生きてきた数年間の分を補ってもあまりある程の幸せを、、、

そんな風に願うのは私だけだろうか?

いいえ、彼らの里親になったママさんたちは皆同じ思いでいます。

長い年月の末に身体を撫でるとゴロゴロ喉を鳴らすようになった智花さん。

高齢と思える智花さんもさよならの時が少しずつ近寄って来ているように感じるときがある。

あくび娘さん宅のライくんが亡くなった後残されたノンちゃんは泣きながらライくんを探し続けていたとか、、、

我が家も智花を頼りに生きてきた愛助はきっとノンちゃんと同じことをするだろう。

そんなノンちゃんが突然亡くなった。

突然消えてしまう、、、、

飼い主辛いです。

腹がくくれないんです。

切ないですね。

ママさん、、、

スポンサーサイト

帰ってきたたよりさん

避妊手術が終わって帰ってきたたよりさん、術前に色々と検査をしていただき健康体でした。

乳がんもなく、心臓の壁も厚くなく、血液検査の結果も良好。  安心しました。

下は2週間ほど前の写真です。

ひとつだけ、耳ダニがやはりいました。

先住たちにも移っている可能性が大ということで

近々に一斉駆除をするのですが、肩甲骨の間くらいの毛をかき分けて薬を垂らす方法なので、愛助?どうしたらいいのだろう???と思案中です。

あれれ?

朝ご飯が終わってそれぞれが思いの場所でくつろぐ頃、プッチン!プッチン!とアイボンが寝ているケージの脇で聞こえてきます。 

なんの音でしょう?

アイボンも頭をもたげて落ち着かない様子。

たよりさんが段ボールの板を引っ掻いては???といった顔?を繰り返しています。

段ボールに輪ゴムがかけてあるものを爪でパッチンプッチンしてますね。

たよりちゃん、子猫に戻ったようにいろんなものにじゃれては走り回っています。他の子も走っていると先回りして隠れては ワッ! あそぼう! って誘いますがあまり付き合ってくれる仲間がいません。

いようがいまいが楽しそうなたよりちゃん。

きのうはアイボンが一緒に走ってました。

アイボン! ちょっといいやつです!

たよりさんはプッチンに飽きて

なあに?

ってやってきました。

みんなで追っかけっこ。

たよりさんがタンタン家に参加してから2ヶ月が経ちました。

最初ぶん殴り姫だったちび女たよりさんですが今では愛ボン、ひなこと一緒に追っかけっこをしています。

牛乳大好きっ子です。

お腹がゆるくなることもなく安心です。

とても小さな子というイメージでしたが、よく食べよく動いて体長は伸びることはありませんが、太ってまるまるふわふわです。

人間が好き❤ 抱っこはできませんが訓練すれば少しは抱っこできるようになるかもしれません。

前の飼い主さんから可愛がられてきたのでしょう❤

後の3匹とは異なり一般家庭で世話をされてきたたよりさんは私達家族にとっても大切な可愛い女子です。

素早い動きで写真が取れませんがとても元気です。

丸くてフニャフニャ

しっかりした脚の筋肉、ボディもしっかりしていると言うのがうちの子たちの特色。

ひなこも一歳からタンタン家育ち。

智花は古巣ではタンス猫と呼ばれ四肢の筋肉は鍛えられていた。

触った感じがぷにょぷにょな子は我が家にはいなかった。

たよりさんはぷにょぷにょしている。

体中ふわふわフニャフニャぷにゅぷにゅ

チンチラシルバーってフニャフニャ?

それとも走り回ったりの運動が足りなかった?

自分から落ちたフワフワの毛を追いかけながら家中を走り回る今日この頃

まるで子猫の様。

お人形さんから猫に変化していくのか?

フニャフニャも可愛いけどね!

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

わたしの♪お仕事

bot111.gif

アナログ時計(黒)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

プロフィール

Author:みそちゃん@
FC2ブログへようこそ!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR